So-net無料ブログ作成
検索選択
昭和なこと ブログトップ

阿修羅のごとく [昭和なこと]

この間、図書館でビデオを借りたら・・・

テープ、ご用意しますね♪」と、カウンターで言われ待っていたら

VHSが出てきてびっくり!!(何?この分厚いヤツ・・・)

あっそうか・・・VHSやん(笑)すっかり忘れていた存在でした。。。

こうして、寝室に置きっぱなしになっていた

VHS&DVDビデオデッキは

リビングブルーレイと肩を並べることになりました。

さて、見たかったのはコレ!

阿修羅_.JPG

若い頃見て、何とも言えない後味を放ったまま・・・・ん十年

この歳になって見るとどんな刺激を与えてくれるのか?

それとも・・・その逆か?

で、見ました。

まず、女優さんたちが若い(あたりまえだけど・・・)

当時は年上の女優さんばかりだったが、今はほとんど年下~(笑)

内容は、今でも充分過ぎる面白さ。

脚色が和田勉さんなんだ・・・

 阿修羅のごとくは4姉妹のお話ですが、

女性の奥に潜んだ感情や性を

当たり前に淡々と面白く女優さんたちが演じています。

しかし、向田邦子さんの脚本はなぜこんなに面白いのか?

軽くなく、どちらかというと内容は重たいのに・・・面白い。

そして、後味が悪くないのがとてもいい^^

次は「あ うん」借りてきました。楽しみです♪ワクワク

向田邦子さんは昭和の代表的な脚本家であったと思います。

妹の向田和子さん執筆の 

「向田邦子の恋文」「向田邦子の青春」では、

邦子さんの人物像が浮かび上がってますます好きになました。

 

 

 


昭和なこと ブログトップ