So-net無料ブログ作成
検索選択

心の中が「うふっ」と思えるインテリア・・・舞洲ゴミ処理施設 [インテリア]

大阪舞洲にあるゴミ処理施設

毎年何人かはUSJと間違えてくるそうです。

1週間前に予約すると見学可能です。私はまだ行けていません。。。

maishima-b14.jpg

maishima-b4.jpg

以下、Нет 大阪建築さんのサイトより抜粋させて頂きました。


人口島全体を緑で覆い、自然環境と共生することを目指した舞洲のシンボルとして、外装デザインを重視して建てられたゴミ処理施設。
 五輪誘致を目指していた招致委員会の一員である大阪市が、ゴミ処理場をミュージアムに改築した「クンストハウス・ウィーン」や、ウィーン郊外の「シュピッテラウ焼却場」の改装を手がけたフンデルトヴァッサー氏にデザインを依頼した。

高層ビルや工業的な街並みを攻撃的であると考え、建築の合理主義を否定し続けていたフンデルトヴァッサー氏が、自然環境との調和を重視し、エコロジー技術と芸術の融和をテーマに建物をデザイン。

maishima-b2.jpg

写真Нет 大阪建築さんのサイトより使わせて頂きました。


このゴミ処理施設がわが家からみえるんです。といっても塔の上の金色の部分ですが、

この金色のまあるいヘッドがお天気のよい日にはピカーと光るのです。

それを見ると心の中が「うふっ」とよろこびます。

0.5ポイントほど若返った気分です。


建築もそうですが、インテリアは特に住む人が心の中から楽しい、心地いいと思えるものでないといけないと思います。

そしてそれは、ひとりひとり違う。

そのことを実感させてくれている塔です。


大阪市環境局 舞洲工場+舞洲スラッジセンターの見学予約は


大阪建築さんのサイトはコチラ




キッチン家電は白で [ライフスタイルをを整える]

家の中でダントツに家電が多いのはキッチンではないでしょうか?

しかも小物も多く一番ごちゃごちゃするところ

だから色を統一するとかなりスッキリします。

わが家は一番合わせやすい白色で合わせるようにしています。

白なら大抵のものはあると思います。買い物する時も白と決めていたら迷わずにすみます。


収納するための100均のケースや浄水ポット、こまごましたものも白にしておくと

片付いた印象になります。アクセントに色のある物を置いたときにそれが引き立つ。

siromono.jpg

押し入れを作業スペースに [ライフスタイルをを整える]


生活していると細々したものが必然的に多くなります。

なるべく部屋には物を置きたくないので、押入れに手作りと文具などの生活品の収納&作業スペースにしてみました。

普段は襖4枚があります。



左側の上段には日々の生活品、PC、プリンター、文具、切手類等、書類、本を収納、ルーターなどもここに置いています。

下段には大好きな布がびっしりと衣装ケースに収まっています。


osiire02.jpg

本はできるだけ減らしています。図書館で借りる、買っても早い時期に売る。
書類はたまってくるので数か月に一度見直し、いらないものは処分。
通勤バッグの中をいれたカゴもここに置き場所があります。
ハンカチやポケットティッシュは隣のカゴにあります。
導線が単純です。そうすることで忘れ物もなくなり時間の短縮になります。
なんといっても小さなストレスがなくなります。


osiire03.jpg

右側にはミシン2台を置いてここで作業できるように照明も付けています。

奥の棚には細かいビーズやリボンをガラス瓶に入れています。

市販の棚ではなかなかサイズがピッタ合わないので造作で作ってもらいました。


仕事でも造作家具はご提案、発注、納品までさせて頂いています。

表面材も無地の他に木目、石目などさまざまなものがあります。

好きなサイズで作ってみるのもいいのではないでしょうか。


こんな感じで押入れを使っています。使わない時は襖を閉めています。

とにかく掃除が・・・・楽! 結果・・・時間が増える。

そのほかに部屋が広く感じる、探し物が減る・・・・・


段階的に物を減らした結果、ストレスがあきらかに減った

物って無言で私を責めていたのだと感じました。


BAGの中身 [ライフスタイルをを整える]

bagnaka (1).JPG

これ、なんだと思います?

通勤バッグの中身です。

厳密にはこれ以外にスマホ、鍵、お弁当箱がありますが彼らは自身の居場所へ・・・


毎日のお洋服に合わせてバッグも変えるので、家に帰るとすぐに

こうしてカゴの中にすべて出しておきます。

朝、バッグが決まればこれをその中に入れます。

慣れれば楽ちんです。

忘れ物が減ります。

不必要な物を持ち歩かないようになりました。



こうするきっかけになったのは、バッグが重い・・・

軽くしたい・・・いったい何入ってるの?

そういう疑問からこのルーティーンが始まりました。[るんるん]


目視って大事ですよね[exclamation]



洗面室の入口にカーテンを [インテリアを手作り]

なかなか大胆な色柄のファブリックです。海外ブランドTHIBAUTのものです。

洗面室入口に両面仕上げで作ってます。

わざと裏の柄が見えるよう縫ってみました。

バランスもタック部分に裏の柄を見せるようにしてあります。

majikiri02.jpg

赤いファブリックは「PAGODA GARDEN」

・・・和のイメージです。

majikiri03.jpg

こちらは「INPERIAL DRAGON」

おもしろい柄です。

majikiri04.jpg

カタログではベッドヘッドとスカートに使われています。

ファブリック使いのバランスが絶妙なんですよね。。。

洗練された空間になっています。

majikiri05.jpg

こちらはPAGODA GARDENの色違い

majikiri06.jpg



出入り口に好きな形でバランスを [インテリアを手作り]

小さい出入り口があれば

こんなバランスを手作りしても楽しい。

形は自由に!シンメトリーでもいいし、アシンメトリーでもOK!

本能の赴くままに作ったのがコレ!

素材が麻100%で張り感がありすぎてきれいなカーブが出ませんでした。

なんだか物足りないので余りもののビーズトリムを付けてみた。少し足らなかったけど・・・まぁいいか

両端にはタッセル教室で作ったでっかいタッセルを付けてみて完成。

baransu.jpg


baransu01.jpg

初夏の手しごと~紫蘇ジュース [食べるコト]

この季節になると・・・忙しい

らっきょう、生姜の酢漬け、梅酒、そして紫蘇ジュース


紫蘇ジュースは暑い夏にさっぱりとして、血液もさらさらにするお役目

作る過程で一番楽しい瞬間が、クエン酸を入れるところ

一瞬で鮮やかな赤紫色になるのを見ると・・・

なんだかスッとする。

shisoj (2).JPG


shisoj (1).JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

メカ物、各社新作発表会 [インテリア]

毎年、この時期になるとメーカーの新作発表会が目白押しです。


インテイア業界では窓廻りの商品としてカーテンとメカ物に分かれます。
メカ物とは、ブラインド、ロールスクリーンなど機械を使って操作する物になります。
日本3大メカ物メーカー、タチカワブラインド、TOSO、ニチベイの新作発表会に行ってきました。


★まずタチカワブラインド

新商品としては、「シルキーシェイディ」ブラインドの中央部のスラット(羽根)の穴をなくし、両端部のみに穴を設けた独自の構造が新しかったです。両端の穴は従来のものより端にあり正面付けで設置した場合窓枠の部分に穴がくるので、より光漏れがないということです。あと、パブリック向けの「グラデ-ションブラインドモノコム25」が気に入っています。スラット(羽)の角度が上部と下部で変えれる構造、上からは光を取り入れ下の部分はパソコンなどに光が入らないように光を遮ることができます。オフィスにやさしい機能です。

写真は展示の一部です。

タチカワ01.jpg

オリジナルのレーザーカットが出来るロールスクリーンは店舗にお薦めです。

タチカワ02.jpg


★次はTOSO

TOSOは天然木のレールが素材と形状が柔らかくレールの概念を覆される新しいものでした。あと金属製装飾カーテンレール「クラスト19」にブラケットスルー機能になったのがうれしい!

レールを支えるブラケットで輪っかのランナーが向こうに行けないのが従来でしたが、名前の通りスルーして行けるのです。コーナー2面にある窓に使うとカーテンの溜りが両端に出来てスッキリします。以前アイアンのレールを使っていたので、不便だなと思っていました。

TOSOは、いつもですがディスプレイが素敵です。

インテリアコーディネーター寄りの目線のメーカーです。

toso01.jpg

toso04.jpg

toso07.jpg

toso08.jpg

toso05.jpg


★最後にニチベイ

ブラインドのカラーが変わりました。

ソフトな色合いが追加されました。トレンドです。

パブリックのガイドレール付きのロールスクリーンはシンプルでどこかに提案したいです。

ニチベイ01.jpg

インクジェットプリントのブラインドです。ここ数年のインクジェットを使ったインテリア商材は急進歩です。

ニチベイ02.jpg

3社ともそれぞれ特徴を出していますが、コーディネーターとしては操作の方法の名称や部品名など

共通にしてほしいです(笑)


防炎ラベルって何? [インテリア ワーク]

防炎ラベルって・・・コレです。

防炎ラベル.JPG

建築基準法では、対象となる建築物を定め、これらの建築物の壁、天井の室内に面する部分の仕上げに用いる内装材料の種類を内装制限しています。目的は火災の初期における人の安全避難です。


消防法も人命を火災から保護する目的として、防炎規制を受ける防火対象物を定め、そこに使用する絨毯、カーテン類は防炎物品を使わないといけません。床のラベルはシールでなくパネルになっています。カーテンはタグが取り付けられています。


写真壁紙の防炎ラベルです。下地材により不燃、準不燃に分かれます。メーカー、品番ごとに認定番号が割り当てられています。1区画に2か所貼るようになっています。きちんと申請して交付されるものになります。


燃えやすい材料だとあっという間に火災が広がります。カーテンも高さ31メートル、だいたい11階くらいから防炎カーテンでないといけないのです。最近の新築マンションは階数に関係なくカーテンは防炎を規約で決めているところがほとんどです。気を付けて選びたいです。

クロスの穴ちょっこっと補修 [ライフスタイルをを整える]

クロスに開いた穴・・・

細いピンくらいなら爪で抑えると目立たなくなります。

もう少し大きな穴、ビス跡などの穴は

ホームセンターでも売っている、ボンドコークで穴埋めします。


使い方は穴にボンドコークをむにゅっと出して

はみ出したところも合わせて水で濡らし固く絞ったスポンジでさっと撫でます。

穴が埋まります。

色数もありますので壁紙の色に合わせて選んでください。

仕事で使うときに色が微妙に合わない時は・・・混ぜます

色を作って埋めたりします。

白いクロスの場合、家にボンドコークがないとき、ちょっとだけ埋めたいとき

いいのかどうかわかりませんが、木工ボンドを代用します。仕上げにベビーパウダーをやさしく叩くこともあります。

使えるものは、使う!ただし自己責任で(^^)

ボンドコーク.JPG